FC2ブログ
トップの動物

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバンナの主 アフリカゾウ - 2016.05.19 Thu

eltitle.jpg

アフリカゾウの楽園!アンボセリ国立公園

アフリカゾウの生息数が多いことで知られているのが、ケニアのアンボセリ国立公園。
しかもここのゾウは、群れも大きく、また体も大きいのです。
(アフリカ全土で見れば、チョベ国立公園もゾウの楽園です)

「アフリカゾウってこんなヤツ♪」にも書いたとおり、ゾウは死ぬまで成長を続けるので、体の大きなアンボセリNPのゾウは、ほかの地域のゾウよりも長生きってことですね。

Eleph02.jpg
↑体が一番大きいのが長老。群れのボスです。(ジンバブエのワンゲ国立公園)

アンボセリにはキリマンジャロの雪解け水からなる大きな湿原があるので、水も豊富。
ゾウにとっては暮らしやすい環境なのでしょうね。


ここでは、30頭を超える群れに会えるんですよ!
マサイマラでは、せいぜい10数頭(たまに大きな群れもいますが)。


そして特に乾季になると、水を求めて他の地域からゾウが集まってくるため、アンボセリNPのゾウ密度は、ぐーんと高くなるんです。

そんなわけで行ってきました!!乾季に。

続々とやってきます♪

eleph03.jpg
↑奥の森から出てきたところ。
夜は森の中で過ごし、日中は草原や湿原で過ごすので、朝は森の際のあたりで待っていると、ゾウが続々と出てきますよ。


アンボセリNPでは、「キリマンジャロとゾウ」という、ポストカードのような写真も撮れちゃいます。

どうだっ
eleph04.jpg
ちと逆光。朝は東(写真の左)から朝陽が差し込むので、車をゾウの通り道より左に停めたほうが良いようです。


詳しい場所は、コチラをご参照にしてください。


単独のゾウはオス。群れになっているのは、メス達です。オスのほうが体は大きいけれど、やっぱりゾウは群れがかっこいいね~♪


CONTENTS
アフリカゾウの生態「アフリカゾウってこんなヤツ♪
サファリ体験「ゾウの楽園!アンボセリ国立公園
アフリカゾウを取り巻く環境問題「地上最大の生物が地上からいなくなる日
旅の手続き「アフリカゾウに会いに行こう

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocotakeda.blog.fc2.com/tb.php/459-ea809f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サバンナの主 アフリカゾウ «  | BLOG TOP |  » サバンナの主 アフリカゾウ

ケニアのガイドブックです♪

アフリカ編

ライオンライオン 
ヒョウヒョウ
elep70.jpgアフリカゾウ チーターチーター
オオミミギツネオオミミギツネ
セーブルアンテロープセーブルアンテロープ(執筆中)
ゴリラマウンテンゴリラ(執筆中)
ケニアの鳥達ケニアの鳥達

アメリカ編

アジア編

オセアニア編

日本編

ナキウサギナキウサギ(執筆中)
エゾリスエゾリス(執筆中)
ホタルホタル

おまけ

サファリが楽しくなるブログ

プロフィール

武田ちょっこ

Author:武田ちょっこ
旅行の本など書いています。旅のテーマは自然、野生どうぶつウオッチング。
著書:『まるまるサファリの本ver.3
ちょっこの直行サファリツアー!
どうぶつちゃんLOVE紀行』など

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。